単身の引っ越しをできるだけ安く行う

各社のサービスを比較して選んでみる

1月から3月にかけては、人の動きが大きくなります。特に3月は4月から始まる新年度に向けた人の移動が大きく、特に学生関係では毎年のように新規の入居、退居が行われています。その他、社会人なども新たに新生活を始めたり転勤をする人が多いので単身で引っ越しをする人もいるでしょう。できるだけ安く行いたいなら、まずは業者のパックサービスを比較しましょう。通常荷物の量や距離などで個別に料金が決まる仕組みですが、パック料金は固定料金になっています。台車が用意され、それに載る荷物であればいくらでも同じ料金です。しかも通常よりも大幅に安くなります。台車の大きさや料金は各社で少しずつ異なるため、一概にどの会社がいいとは言えません。大手を利用して法がいい時もあれば、地元の会社を利用した方がいいこともあります。

学生なら学割サービスを有効活用する

学生であれば、通学定期などでは学生定期が使えます。一般の定期に比べてかなり安く設定されています。本やパソコンソフトも学割が適用されるとかなり安くなり、お得に購入ができます。普通に買うのがいいのか、学割を利用するのがいいのか検討した方がいいでしょう。単身の引っ越しでは学生が行うことが多いかもしれません。この時、学割サービスの利用を検討してみましょう。まず大手会社が用意している商品をチェックします。学割の名のついているサービスが利用できます。その他、生協が用意しているプランを検討してみましょう。新規に入居する人よりも退去する人が検討するのでしょう。特定の業者の利用になりますが、かなり安く利用できるケースがあります。色々な学割サービスを組み合わせて安く利用する方法を考えてみましょう。

荷物を運ばない工夫を検討すると良い

学生であったり転勤などで単身で引っ越しをしなくてはいけないことがあるでしょう。新たに生活をする人は、今住んでいるところから持って行くものもあれば、家電製品などは新たに購入しないといけません。どこで購入するかですが、持って行く前に購入してしまうと現地まで持って行く荷物が増えます。その分料金が上がります。それなら、現地に行ってから購入した方がいいかもしれません。現地購入だと直後は生活に困ることもありますので、じっくり検討してみましょう。逆に家に戻るときは持ってきても不要になる可能性があります。持ってくるのではなく、現地で処分しましょう。リサイクルショップで売却をしたり、大型ごみなどで捨てるようにします。学生なら後輩などが欲しがるかもしれませんから、事前に聞いておきましょう。

記事一覧